zemroika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

”HAPPY RAMADAN”


IMG_2906.jpg



6/18よりイスラム世界では2015年度のラマダン(断食月)が始まりました。
これから1か月間、7/16までイスラム教徒は断食をします。

以下、ラマダンについておさらいと、はじめて知ったこと。

・ラマダンの間は日が出ている間は飲食不可。食事はもちろん水を飲んでもいけない。唾を飲み込むことも(!)
・病人や妊婦、旅行者はその限りではない。
・逆に言えば日が沈んでいる間は飲食ができる。どころか、連日集いあって宴会をするのだそう。
 私はその様子を見たことはありませんが、スープや甘いお菓子類などをテーブル一杯に並べてひたすら食べ続けるらしい。
・したがって別に痩せるということはないそうで、むしろエンゲル係数が最も高い月だそうだ。
・ラマダンの日程は固定ではなく、太陰暦に則っているため、毎年11日間ずつ早まる。
 
つまり今年は夏至の前後の、特別日が長く、暑く、過酷な断食月ということになります。
タジキスタンでは現在日の出が5時頃、日の入が20時頃。日中の気温は毎日35度を超えます。

私の身の回りでは、ラマダンに入ってから休業しているローカルな食堂も散見されますが、通常営業のところも多く、食料品店やスーパーも同じように営業を続け、表向き町中に大きな変化はありません。
ただし、職場に入ると、初日から何とも言えないけだるい雰囲気が・・・。
仕事で電話をかけた先の相手も、心なしかけだるい応答。



もっとも、どのくらい厳格に断食を守るかというのは、(特にここのようにあまり厳しくない国では)個人のモラルや宗教観によるところが大きいようです。
特に敬虔なイスラム教徒の職員曰く「私たちは他の人がどれくらい断食を守っているかということには注意を払いません、個人の心の問題だし、自分の行いにだけ集中しているからです」。

こんな勤めを十数世紀も続けてきたのか、人類と地上は、とか、そういうスケールの大きい単語で、40度近い土埃のすごい砂漠みたいな通勤路で、彼の顔を思い出しながら考えてしまった。




IMG_2897.jpg



私はというとまったく通常通りに食べて生きています。
中央アジアの太陽の恵み、果物。
どれも日本の半値以下でキロ単位で買っています。
市場からの帰り道、両手に下げた袋の中に果物があるととても幸せ。



IMG_3010.jpg

IMG_2903.jpg

IMG_3032.jpg


西瓜とメロンの季節がやってきました。


IMG_3038.jpg

IMG_3025.jpg


記事のタイトルにしたハッピーラマダン、英語ではこういう言い方があるみたい。
どんな人たちがどんなタイミングで言うのだろう。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2015/06/20(土) 22:59:26|
  2. 中央アジア・タジキスタン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏のキエフ、6月、フレシャーチク大通りにて



先週キエフに出張に行っている間、タジキスタンではYoutubeはおろかFacebook含むSNS、メール、ニュースサイトなどが閲覧規制がかかって見られなくなっていたようでした。
(イスラム教の国としてこの国も例外でなく、ISIL関連でいろいろあり、そのあおりを受けた形です。)
戻ってきた頃には何事もなかったかのように規制が解け、YoutubeでBGMを流しながら今これを書いています。文化的で民主的な生活だ!



DSC01311.jpg



そう、ウクライナのキエフに出張してきたのです。

人の旅行の思い出話ってそんなに面白くないと経験的に知っているので、なるべく控えますが、6年ぶりで3回目のキエフでした。前回、前々回はどちらも冬で、真っ白に凍結したドニエプル川を見下ろす駅のホームで、毛皮のコートを着たものすごい美女を映画のワンシーンのように覚えています(記憶って曖昧なので本当にそういう立地の駅があったかは謎)。
が、今回の出張ですっかり街のイメージが一新されてしまいました。
新緑、太陽、青いドニエプル川の照り返し、船着き場、正教会の眩しく輝く黄金のドーム。
キエフには美しい教会がたくさんありますが、写真は聖アンドレイ教会に行くまでに迷った路地裏で見かけた名前も知らない教会です。


そして、はじめて旅行した頃はロシア語とウクライナ語の区別も全くつかない状態だったけれども、いまではいかにウクライナ語が優遇されているかがわかる。
空港への帰り道、ドライバーが在ウクライナのロシア大使館を指して、窓がすべて閉ざされていること、大使館前で暴動があり物を投げつけられたりしたこと、今は職員が誰もいないことを語ってくれたのも忘れがたい。


ところですっかりスラヴ系の美女を見慣れてしまってもはやなんとも思わないのですが、今回の出張先の詰所で、現地職員の女性の綺麗さにちょっと絶句していた他の国からの出張者を見て、なんだか誇らしい気になり、その現地職員さんが、今回の出張の目的である日本のVIPのウクライナ訪問で、VIPへのお茶出し係という大役をこなしていたのを見て、やっぱりなんだか誇らしい気持ちになった。スラヴィストの人にはこの気持ちわかってもらえるんじゃないかと思う。



  1. 2015/06/13(土) 16:14:57|
  2. ロシア語圏への旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニサ・サビリの文学サロン/ドゥシャンベ・マンハッタンクラブにて



ドゥシャンベで文学サロンに参加しました。

タジキスタン出身の若い女性詩人アニサ・サビリ(写真左)が旗手となり、詩の朗読をはじめ、ピアノやギターの生演奏に歌、ダンスも含む、イベントの冒頭に彼女が宣言した通り、「唯一の共通言語は芸術」の自由な会。


DSC01158.jpg


会の進行はすべてロシア語ですが、一部タジク語、また古いペルシャ系の言葉で詩を読む発表者もいました。

ノーベル文学賞に二度ノミネートされたことがあるという発表者もいれば、ドゥシャンベのマヤコフスキー記念ドラマ劇場(そう、ここにはマヤコフスキーの名前がついた劇場があるのです)の若い俳優たちもいて、さらにはアニサが詩を教えているという9歳の女の子まで(!)詩を発表していました。

面白かったのが、会のラストにピアニストが即興でメドレーを演奏し、途中聞き覚えのあるメロディが聞こえてくると思ったら……

前回記事で紹介したまさにあの曲で、会場の全員がサビを口ずさんでいました。

巨大なソ連のこの小さな地方都市で、この人たちは同じ文化を共有して、苦楽をともにしてきたのだなあと、そのメロディが流れた数秒間に、身をもって感じてしまいました。

イベントの詳細や写真などはFacebookにもUPされています。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ
にほんブログ村

  1. 2015/05/20(水) 02:43:27|
  2. ロシア文化情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

詩人の生まれた渓谷へ、カラタグ、ティムールダラ


127.jpg


ドゥシャンベから西に約48km、カラタグ渓谷へ。

タジキスタンの詩人トゥルスンゾダの生まれた場所ということで、その詩をもとにした歌を聴いたり映画を観ています。
ソ連時代の作品はロシア語で鑑賞できるからいいです。
映画の民族衣装の登場人物たちが訛りのないロシア語を話していて、なんだか少し変な感じ。

”Я встретил девушку”
(Tajikfilm制作の映画、1957年)

"Я встретил девушку"
(主題歌。歌っているのはウズベキスタンの音楽グループでYalla)

あの娘に出会った
三日月の眉
頰にはほくろ
そして目には愛

ああ、あの娘は
ぼくの頭を狂わせた
心を乱して
平穏を奪っていった

あの娘を失った
それと一緒に愛も
頰にはほくろ
三日月の眉

この世を歩きとおして
愛を見つけてみせる
頰にはほくろ
三日月の眉


にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ
にほんブログ村

  1. 2015/05/11(月) 23:37:15|
  2. 中央アジア・タジキスタン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドゥシャンベ市民の週末、ヴァルゾブ渓谷


043.jpg



タジキスタンの首都ドゥシャンベから北へ約25km、ヴァルゾブ渓谷へ行ってきました。



このあたりの水辺は街の中心部よりいくらか涼しく、夏は市民が避暑によく訪れるそうです。
それにしてもこの手つかずの自然。
山沿いを細い一本道がどこまでも続く絶好のハイキングコースではありますが、これは現役の交易路で、荷物を背負ったロバが民族帽の男性に曳かれていくのに遭遇します。



042.jpg



今はルバーブの季節らしく(フキに似た酸っぱい植物で、欧米ではジャムやパイにして食べるそう)、摘みたてのルバーブをたくさん背負ったロバにも会いました。
同行していた友人のお母さんも、帰り道に一抱えほど買っていた。



(写真はクリックで拡大します↓)


058.jpg

050.jpg

085.jpg



今回は同じく外国で働く日本の友人が遊びに来てくれたので、ここまで足を伸ばしてみたのですが、海外経験豊富な友人曰く「ニュージーランド並みに自然が綺麗!」とのこと。

中央アジアのニュージーランド……(観光ツアーの売り文句になるでしょうか)。

これだけ綺麗な国なのに全然知られていないのは残念だ、という声を聞きながら、そう言っても交通アクセスが、観光物資(世界遺産に登録されるような建築物)が、衛生面が、言語が、治安が、とか今まではいろいろ考えてしまっていましたが、友人曰く「ニュージーだって自然だけで売ってるようなもんですよ、しかも高いし!」。

自然にはいい自然もよくない自然もありようがないけれど、人がその時求めているものに会えるとしたら、そこはいい旅先にはなるんだと思います。
太陽と白い岩、淡く澄んだ青の水に出会いたければタジキスタンへ。
(※ただし緑はこの時季限定です、夏も盛りになると街も山もすっかり乾ききって土色になるのだそう。)



にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ
にほんブログ村

  1. 2015/05/03(日) 17:24:51|
  2. 中央アジア・タジキスタン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。