zemroika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ペテルブルクの芸術家たちと、ペトロパヴロフスクのナースチャ


今週末は月に一度のロシア語勉強会を行いました。今回のテーマは『芸術家たちのペテルブルク』!
時間の都合で前置きとゴーゴリについてしか話せませんでしたが、銀の時代の世紀末の雰囲気についてと、ビリービンの絵を紹介できなかったのは少し残念。

ロシアにも西側のヨーロッパにやや遅れて、19世紀末から20世紀初頭にかけ、いわゆる象徴派芸術に代表される、耽美!神秘!退廃!世紀末!な芸術潮流が存在しました。
装飾芸術や舞台芸術に融合する形で、ビリービンのような旧式の絵画の枠を外れた、デザイン性の強い画風の画家が登場しました。

というと小難しいですが、ようするにロシア版アルフォンス・ミュシャです。

ミュシャで見慣れた装飾画のスタイルで、ロシアの民話をモチーフにした絵を見るというのは何とも面白いもので、大分前にペテルブルクの映画館で見た、日本のアニメにものすごく影響を受けた、ものすごく質の悪いロシア製アニメ(ゾンビと化した主人公たちが悪の組織を相手取って戦う戦闘もの)の中で、クレムリンや赤の広場がアニメで描かれているのを見た時もそんな面白さを味わいました(このアニメのタイトルを覚えていないのが非常に悔やまれる)。

そうそう、先日書店でこんないい本も見つけました。カラーの図版が美しいし、日本語でビリービンの解説を詳しく読めるのは貴重だ。
ビリービンとロシア絵本の黄金時代


絵の話をしてそのものを載せないのは気が引けるけど、ネットから拝借してきたものを載せるのもまた気が引けるので、ポストカードと模写を。。。↓


039_convert_20150113224722.jpg


   ↓ 枠から描きます


050_convert_20150113224738.jpg


     ここまで描いた!
     


ポストカードというものの、ほんとの葉書ではなくて、裏には絵の場面の説明や台詞が書かれている。36枚綴りで、うるわしのワシリーサ、イワン・ツァレーヴィチと火の鳥、カエルの王女などの民話の紹介がされている。

これは一時期日本で親しんだロシア人の友人からもらったものだ。彼女はビルという名前の一回り年上のアメリカ人の彼氏と暮らしていて、このポストカードセットも、CNN?とか(これも覚えていないのが悔やまれる)、いかにもアメリカンなロゴや星マークがいっぱい描かれた袋に入れて渡されて、東京の片隅に暮らす、ロシア人とアメリカ人のカップルの日常の一端に触れるのは、何とも面白いものだなと思った。
忙しさに紛れてなかなか連絡が取れずにいて、久々にメールをしたら、生まれ故郷のカムチャツカで息子を産んだという返事が返ってきたけれど、思えばそれもほとんど一年前の話になる。元気だろうか。



スポンサーサイト
  1. 2015/01/18(日) 21:42:05|
  2. ロシア文化情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。