zemroika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かれが好きだった三つのもの、晩祷の歌、古いアメリカの地図



ドゥシャンベは昨日33度まで気温が上がりました。と思うと今朝は珍しく雨が降り、現在の気温は13度。
日照に気温が大きく左右されます。


021.jpg


先日植物園に行った時の写真。

こういう真新しい施設やショッピングセンターなどもイスラム建築風のデザインで造られていることが多いです。
一見西欧風の劇場や外資系ホテルなども、装飾や内部のデザインがモザイク風だったり、ソファのクッションがアトラス柄(中央アジアの伝統的な布地の模様)だったり。


014.jpg


広大な敷地をひたすら歩いていると、人だかりが……。


015.jpg


!孔雀!


019.jpg


孔雀!

孔雀はロシア語でpavlinといいますが、この単語をはじめて覚えたのは、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館の「孔雀時計」の話を聞いていた時でした。からくり仕掛けで動き出す金色の孔雀の彫刻で、エルミタージュの財宝であり、18世紀にエカテリーナ二世に贈られたプレゼントでもあります。


孔雀という言葉をその次に聞いたのはアフマートワの詩を読んでいた時でした。


 かれはこの世で三つのものを好きだった
 晩祷の歌、白い孔雀
 そして使い古されたアメリカの地図

 嫌ったのは、子供たちの泣くとき
 嫌ったのは、ラズベリーティー
 そして女のひとのヒステリー
 ……そして私はかれの妻だった。

 ――アンナ・アフマートワ『夕べ』より


アフマートワの夫は同じく詩人のニコライ・グミリョフですが、少年時代からアフマートワを恋い慕う一方で、異国への冒険の夢を捨てられず、結婚直後に妻をペテルブルクに一人残しアフリカへと旅立ちます。
(ザンジバルを舞台に描いた彼の短編を訳したことがあります→"Принцесса Зара" ザーラ姫


孔雀がこれだけ大量に飼われているところに来ると、さすがにエキゾチックというか、日本からもロシアからも遠いところにいるなあという気になります。こちらでは孔雀を家庭のペットとして飼うこともあるそう。
とはいえ珍しいことは珍しいみたいで、上の写真の通り、女性たちがこぞって携帯で写真を撮っておりましたが。

(ところでこの植物園は草花を見るというより、散歩に来ている女性たちの民族衣装を見るために来てもいいかもしれません。天気の悪い日曜日なんかは本当に町中に人気がなく、一体市民はどこにいるのかと思っていたら、こういうところで散歩をしている人が多いようです)



にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2015/04/26(日) 14:47:10|
  2. 中央アジア・タジキスタン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。