zemroika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

”HAPPY RAMADAN”


IMG_2906.jpg



6/18よりイスラム世界では2015年度のラマダン(断食月)が始まりました。
これから1か月間、7/16までイスラム教徒は断食をします。

以下、ラマダンについておさらいと、はじめて知ったこと。

・ラマダンの間は日が出ている間は飲食不可。食事はもちろん水を飲んでもいけない。唾を飲み込むことも(!)
・病人や妊婦、旅行者はその限りではない。
・逆に言えば日が沈んでいる間は飲食ができる。どころか、連日集いあって宴会をするのだそう。
 私はその様子を見たことはありませんが、スープや甘いお菓子類などをテーブル一杯に並べてひたすら食べ続けるらしい。
・したがって別に痩せるということはないそうで、むしろエンゲル係数が最も高い月だそうだ。
・ラマダンの日程は固定ではなく、太陰暦に則っているため、毎年11日間ずつ早まる。
 
つまり今年は夏至の前後の、特別日が長く、暑く、過酷な断食月ということになります。
タジキスタンでは現在日の出が5時頃、日の入が20時頃。日中の気温は毎日35度を超えます。

私の身の回りでは、ラマダンに入ってから休業しているローカルな食堂も散見されますが、通常営業のところも多く、食料品店やスーパーも同じように営業を続け、表向き町中に大きな変化はありません。
ただし、職場に入ると、初日から何とも言えないけだるい雰囲気が・・・。
仕事で電話をかけた先の相手も、心なしかけだるい応答。



もっとも、どのくらい厳格に断食を守るかというのは、(特にここのようにあまり厳しくない国では)個人のモラルや宗教観によるところが大きいようです。
特に敬虔なイスラム教徒の職員曰く「私たちは他の人がどれくらい断食を守っているかということには注意を払いません、個人の心の問題だし、自分の行いにだけ集中しているからです」。

こんな勤めを十数世紀も続けてきたのか、人類と地上は、とか、そういうスケールの大きい単語で、40度近い土埃のすごい砂漠みたいな通勤路で、彼の顔を思い出しながら考えてしまった。




IMG_2897.jpg



私はというとまったく通常通りに食べて生きています。
中央アジアの太陽の恵み、果物。
どれも日本の半値以下でキロ単位で買っています。
市場からの帰り道、両手に下げた袋の中に果物があるととても幸せ。



IMG_3010.jpg

IMG_2903.jpg

IMG_3032.jpg


西瓜とメロンの季節がやってきました。


IMG_3038.jpg

IMG_3025.jpg


記事のタイトルにしたハッピーラマダン、英語ではこういう言い方があるみたい。
どんな人たちがどんなタイミングで言うのだろう。


にほんブログ村 海外生活ブログ 中央アジア情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
  1. 2015/06/20(土) 22:59:26|
  2. 中央アジア・タジキスタン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。