zemroika

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初夏のキエフ、6月、フレシャーチク大通りにて



先週キエフに出張に行っている間、タジキスタンではYoutubeはおろかFacebook含むSNS、メール、ニュースサイトなどが閲覧規制がかかって見られなくなっていたようでした。
(イスラム教の国としてこの国も例外でなく、ISIL関連でいろいろあり、そのあおりを受けた形です。)
戻ってきた頃には何事もなかったかのように規制が解け、YoutubeでBGMを流しながら今これを書いています。文化的で民主的な生活だ!



DSC01311.jpg



そう、ウクライナのキエフに出張してきたのです。

人の旅行の思い出話ってそんなに面白くないと経験的に知っているので、なるべく控えますが、6年ぶりで3回目のキエフでした。前回、前々回はどちらも冬で、真っ白に凍結したドニエプル川を見下ろす駅のホームで、毛皮のコートを着たものすごい美女を映画のワンシーンのように覚えています(記憶って曖昧なので本当にそういう立地の駅があったかは謎)。
が、今回の出張ですっかり街のイメージが一新されてしまいました。
新緑、太陽、青いドニエプル川の照り返し、船着き場、正教会の眩しく輝く黄金のドーム。
キエフには美しい教会がたくさんありますが、写真は聖アンドレイ教会に行くまでに迷った路地裏で見かけた名前も知らない教会です。


そして、はじめて旅行した頃はロシア語とウクライナ語の区別も全くつかない状態だったけれども、いまではいかにウクライナ語が優遇されているかがわかる。
空港への帰り道、ドライバーが在ウクライナのロシア大使館を指して、窓がすべて閉ざされていること、大使館前で暴動があり物を投げつけられたりしたこと、今は職員が誰もいないことを語ってくれたのも忘れがたい。


ところですっかりスラヴ系の美女を見慣れてしまってもはやなんとも思わないのですが、今回の出張先の詰所で、現地職員の女性の綺麗さにちょっと絶句していた他の国からの出張者を見て、なんだか誇らしい気になり、その現地職員さんが、今回の出張の目的である日本のVIPのウクライナ訪問で、VIPへのお茶出し係という大役をこなしていたのを見て、やっぱりなんだか誇らしい気持ちになった。スラヴィストの人にはこの気持ちわかってもらえるんじゃないかと思う。



スポンサーサイト
  1. 2015/06/13(土) 16:14:57|
  2. ロシア語圏への旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<”HAPPY RAMADAN” | ホーム | アニサ・サビリの文学サロン/ドゥシャンベ・マンハッタンクラブにて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zemroika.blog28.fc2.com/tb.php/52-c0ce68ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。